インプラントにも影響

歯科器具

矯正は、インプラントにも良い影響を与えます。インプラントは顎の骨に器具を埋めて、そこに義歯をつけるという治療です。歯並びが悪くて歯と歯の間隔が狭いと、器具を埋め込みづらく、さらに義歯も圧迫されてはずれやすくなるのです。

インプラントは、第二の永久歯と呼ばれているほど便利なものです。加齢により歯の状態が悪くなった人の多くが、インプラントに頼っています。これにより老後の食生活における充実度が決まると言っても過言ではありません。
そのためにも、矯正して歯並びを良くしておくことは、非常に重要なのです。

^