歯を補うインプラント

ガタガタの歯

インプラント治療とは、歯を失ってしまった部分の顎の骨に人工歯根を埋め込み、その人工歯根に人工の歯を装着する治療法です。

歯を失った際の治療法には入れ歯やブリッジがあります。インプラントは入れ歯やブリッジに比べて大掛かりな治療であり、費用も高額です。

しかし、インプラントは構造が天然の歯に似ています。従って、入れ歯やブリッジに比べて段違いで天然の歯に近い機能、そして感覚を取り戻す事ができます。ですから、インプラントは歯を失った際の最善の治療法とされています。

インプラントとは
インプラントとは主に医療の世界において使われる言葉で、体内に何らかの人工物を埋め込むこと、またはその人工物そのものを指します。骨や関節の損傷を補完するために使用される固定用のボルトがその代表的なものですが、他にも人工心臓・人工肺などの人工臓器を指すこともあります。また、胸を豊かに見せるために埋め込むシリコン製のバッグなど、美容目的に使用されるものもあります。

そして現在この言葉がもっとも頻繁に聞かれるのが、歯科医療の現場においてです。

^