失われた歯の代わりに

唇

歯科用インプラントとは、チタンなどの金属でできた人口の歯根のことを言います。虫歯などで歯が失われてしまった場合に、このインプラントを顎の骨に直接埋め込み、その上に人口の歯を装着します。

失われた歯を補完する技術としては他に入れ歯というものがありますが、インプラントは顎の骨に直接固着させるために入れ歯よりも噛む力が数段強く、天然の歯とさほど変わらない使用感が得られます。また、ブリッジのように両隣の健康な歯を削ったりする必要もありません。

矯正治療への応用
一方、歯医者において使用されるインプラントには、もう1つ別の種類があります。それが矯正用インプラントです。これは、先述した歯科用インプラントを矯正治療に応用した、比較的新しい技術です。従来の矯正治療においてはワイヤなどを使用して歯同士を引っ張り合わせることで歯列を整えるという方法が一般的でした。

しかしこの新しい技術では、一時的に顎の骨に埋め込んだインプラントを支点として特定の歯だけを効率的に動かすことができるため、治療期間が短くて済むというメリットがあります。

^