最新の治療方法

歯ブラシ

インプラント矯正は基本的にはワイヤーを使った矯正と同じ様な治療の流れで行われます。矯正に掛かる期間は通常のワイヤーを使った矯正よりも遥かに短期間になります。患者の状態にもよりますが場合によってはワイヤーを使用したり矯正の半分程度の治療期間で完了する場合もあります。

矯正を行うには虫歯が有ったり歯周病が有る場合では矯正を行う前に治療を済ませておく必要が有ります。又、場合によっては何本か歯を抜く事が必要な場合もあります。

治療におけるメリットとデメリットについて
どんな治療にもメリットやデメリットは有ります。インプラントの場合の最大のメリットは治療期間が大幅に短縮出来る事です。通常の矯正の半分程度で済む事が有ります。
又、治療結果が得られやすいメリットも有ります。インプラントを固定源とする事で確実な歯の移動が行える様になります。

デメリットはインプラントの為に手術が必要になる事と治療費が高額になる事、まだ新しい手法なので全ての歯医者で行っているとは限らない事などが挙げられます。


^